書面作成だけでは仕事にならない時代

遺言の書き方や、遺産分割協議書、登記の申請書の書き方など、本やインターネットで調べるとだいだいわかります。

とくにインターネットで自宅にいながらでも、電車に乗りながらでも調べらる時代になりました。

これは何を意味するかというと、書面だけを作成する専門家が不要になっていくということです。

司法書士である私からするとチョット恐ろしいことかもしれません(^^;)

書面作成以外にも付加価値をつけ、お客様に貢献することができてはじめて商売(公益的職種という建前ですが)になる時代になったのだと考えます。

付加価値というと、書面作成以外の点、例えば、雰囲気、質問のしやすさ、アフターフォローなど貢献の仕方は無限にあるでしょう。

私も常に意識してお客様にサービスを提供していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です