スーパーポジティブ前向き思考の盲目のヨットマン岩本さんの講話を聴いて

ブラインドセーラーの岩本光弘さんのお話をお聞きする機会をいただきました。(鮒谷周史さん開催)

去年(2013)、ニュースキャスターの辛坊さんとヨットでの太平洋横断に挑戦されたかたといえばご記憶のかたもおられるでしょう。

(6日目にクジラと衝突し残念ながら断念)

岩本さんの明かるさ、ユーモア、そして何といっても、

その超前向きな考え方に度肝を抜かれました。

こちらのブログにも記事を書きました。↓↓↓

盲目のヨットマン岩本光弘さんの講話『人生は長くない。進め!進め!目標を持って打ち込むとワクワクするから。』

 

岩本さんはもともと弱視でしたが、0.3程度の視力はあったため野球もできていたそうです。

それが13歳からじわじわと目が見えなくなっていき、16歳で完全に失明したそうです。

だんだんと目が見えなくなる恐怖、これからの人生どうなってしまうのか??

生きている意味はあるのか??

親御様ににあたったこともあるそうです。岩本さんの前では決して泣かなかったそうですが、岩本さんがねた後に号泣されたそうです。親子の辛さ言葉にできません。。。講話中に泣いてしまいました。

 

思春期は何度も自殺をしようとしたそうですが、その後の岩本さんの行動はすさまじいものがあります。

・恩師との出会い、前向きに考えるようにする。

・無線との出会い

・英会話との出会い

・つくば大学に進学(九州の田舎町が出身だそうで東京に出るのも反対されたそうです。そりゃあ親は心配でしょう。。(>_<))

・アメリカ留学

・結婚、子宝に恵まれる

・ヨットを始める

・アメリカ移住 仕事探し、家探し苦労

・ヨットにて太平洋横断に挑戦

現在はトライアストン挑戦のため練習中

 

とんでもない量の失敗と、恐怖を乗り越えてきたそうです。

盲目のかたとは思えないくらいの挑戦の量。私より段違いの行動力。

その根底に流れるのは、岩本さんの心もちです。

失敗は成功の喜びを100倍にしてくれる存在。

人生は短い。

ワクワクするには目標をもって、グーッと前のめりで挑戦すればいい。

目が見えないという状況は変えられない。環境は変えられない、生活も変化はしないかもしれないけど、見方を変えることはできる。

ポジティブに見方を変えよう。

 

岩本さんの言葉には説得力がありました。実際に自分で経験してきたことだからでしょう。

私の悩みなど、ちっぽけなものだと思わせていただきました。

 

岩本さん、貴重なお話をありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です