老後のライフプラン・遺言に共通するのは、将来のありたいカタチを明確にして逆算して今を生きる考え方

老後のお金のこと、遺言に共通することは、将来のありたい姿を明確にして、今どうすればいいかを逆算して考えることです。

将来こうなってほしいという希望をはっきりさせることだけでは十分ではなく、これからどういう行動をすればいいかまで、落とし込むことが大切です。

老後の資金が不安であれば、何歳までにいくら貯めておく必要があるのか。

そのために、銀行預金をするのか、保険を活用するのか、仕事なのか投資なのか。リバースモーゲージなのか。
私は投資は進めていません。投資の専門家ではありませんし、危険性もあり予測できないからです。銀行預金、貯蓄性のある保険をお勧めしています。

遺言も同様に、将来どうなってほしいかを考えることを前提とした手続きです。
遺産分割がスムーズにいくための対策なのか、
節税が目的なのかをハッキリさせましょう。
遺言の作成相談は初回無料です。
遺言の作成を、信頼できて誠実な人に依頼するために、一度試しに相談だけでもというかたも歓迎です。
ただし、真剣に相談されたいというかた限定です。
初回の無料相談も誠心誠意アドバイスさせて頂きますし、売り込みはしません。
お気軽に電話、またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です