取締役等の就任登記に住民票などの本人確認証明書を添付することになりました。

取締役などの就任登記の添付書類の改正(新商業登記規則61条第5項)

 

商業登記規則改正により、取締役、監査役、執行役の就任の登記申請に際、本人確認証明書の添付が必要となりました。

(就任の登記の申請に印鑑証明書を添付する場合を除く)

この規定は新たに取締役が就任する場合のみなので、重任する場合には本人確認証明書は不要です。

 

参考:法務省ホームページ

役員の登記の添付書面・役員欄の氏の記録が変わります(平成27年2月27日から)

 

 

「本人確認証明書」とは?

 

さて、本人確認証明書とはいったいなんでしょう?

例えば、次のようなものです。

・住民票の写し

・戸籍の附票

・運転免許証のコピー

・住基カードのコピー

免許証と住基カードのコピーは裏面もコピーして、就任する本人が原本証明をする必要があります。

原本証明とは、「原本と相違ありません。」と記載して、記名押印したものです。

 

本人確認証明書は氏名及び住所が記載されたものに限られます。

 

実務的に使いやすいのは、住民票でしょうか。

戸籍の附票は一般的にあまり知られていないし、免許証等のコピーは原本証明が少しややこしいかもしれません。(こちらが上手に説明しないといけないんですけどね。。。)

 

ちなみに就任承諾書ですが、氏名の記載に加え「住所」の記載が必要になります。そして本人確認証明書の住所と同じであるか確認することになります。

 

 

登記の添付書類になったことで司法書士としては、本人確認しやすくなりますが、変更登記をする会社にとっては、少し手間がかかるようになりましたね。