妻(夫)への贈与(夫婦間で居住用不動産を贈与した場合の贈与税の配偶者控除)

結婚期間が20年以上の夫婦間での住宅(居住用に限ります)を贈与した場合、贈与税について、基礎控除(年間110万円)の他に、2000万円までの控除が受けられる制度があります。

国税庁ホームページ 『夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除』

 

国税庁のホームページにあるように、

この控除を受けるためには一定の要件があります。

・結婚している期間が20年以上

・居住用の不動産の贈与であること

別荘の贈与では使えません。

・同じ配偶者から過去にこの制度を使っていないこと。

その他、贈与の翌年3月15日まで居住することなどです。

 

注意点としては、

登記の際の登録免許税や、

不動産取得税は課税されるということ。

贈与税の申告は必要です。

専門家に頼むと、司法書士報酬や税理士報酬もかかります。

 

この記事は平成27年8月の法令に基づいています。

今後、改正される可能性があるので、実際に贈与を行う場合には、国税庁や税理士、司法書士の専門家に相談してくださいね。