空き家問題 空き家の処分・管理

昨今、空き家問題が司法書士の間でも話題です。

先日、空き家問題について、

とある市役所職員のかたのお話を伺う機会がありました。

 

空き家問題とは

空き家を放置しておくと、治安がわるくなったり、火事や倒壊の恐れがあるものもあり危険なので、何らかの対策をとろうと法律ができました。

空家等対策の推進に関する特別措置法です。

 

国、都道府県、市町村がそれぞれ空き家の抑制、活用、危険な家屋に対しては強制的な執行も含めて動き出しています。

 

 

空き家をどうしたらよいか、処分に困る・・・

某市で、空き家関連の相談で多いのは、空き家の処分のようです。

たとえば、相続した実家を売りたいとか、

売れないなら貸したいなど。

そもそも空き家をどうすればよいのかわからないという相談もあるとのこと。

 

空き家バンクで若い人を呼び込もう

空き家を若い夫婦に貸し出して、市の人口減少を食い止めようとする施策もあります。

ただ、なかなか貸してくれる人が少ないのが、今回話を伺った担当者の話でした。

 

「空き家問題」に関連して司法書士にできること

けっこう司法書士にできることもあります。(^^)

 

・相続に関する手続き(戸籍収集して相続人確定、登記簿謄本の読み取り、相続登記手続き、調停申立て、相続人が不在の場合の相続財産管理人の裁判所への申立て及び相続財産管理人就任)

・空き家の所有者や、相続人が行方不明の場合の不在者財産管理人の裁判所への申立てや不在者財産管理人への就任

・空き家の所有者や、相続人が認知症等の場合の成年後見人選任の申立てや成年後見人への就任

 

自治体などと連携してお手伝いするケースも増えてきています。