相続登記に必要な書類

一般的な必要書類

相続登記に必要な書類は次のとおりです。

法定相続の場合

・亡くなったかたの出生から死亡までの戸籍

・相続人の戸籍

・亡くなったかたの住民票の除票

・不動産を相続するかたの住民票

・固定資産評価証明書

 

遺言がある場合

遺言がある場合は、

上記の書類に加えて(戸籍が一部不要になることもあります)、

遺言書が必要です。。

自筆証書遺言の場合には家庭裁判所での検認の手続きを経る必要があります。

 

遺産分割をした場合

遺産分割をした場合は、

遺産分割協議書(ご実印で押印)と印鑑証明書が相続登記の添付書類になります。

 


 

 

一般的には上記に挙げた書類で相続登記ができますが、

亡くなったかたの登記簿上の住所と、住民票の住所が繋がらなくて、

戸籍の附票を使用したり、権利証を使用することもあります。

上申書を作成して添付することもよくあります。

 

その他、相続人に未成年者がいる場合や、行方不明のかたがいる場合は、

別途、特別代理人や、不在者財産管理人を裁判所に選任申立てをする必要がでてきます。