父の通夜、葬儀と四十九日

11月に父が亡くなり更新ができていませんでした。

通夜と葬儀、そして四十九日法要を終えひと段落です。

喪主として動く中、

人とのご縁について、大変に考えさせられる2カ月弱だったと思います。

 

普段、相続による土地建物の名義変更の依頼を受けますが、

所有権移転の登記が主な仕事であり、依頼者との面談でも被相続人に関する通夜や葬儀の話題はほとんどありませんでした。

 

成年後見人としても、まだ被後見人の死亡に立ち会ったことがなく、初めて体験することが多かったです。

親族に助けていただきながら無事執り行うことができました。

 

感謝です。