相続登記に必要な住民票の除票又は戸籍の附票の保存期間は5年なので短いです

同一性を証する書面ってなに?

相続登記には、

登記簿上の所有者が同一であることを証明するために、同一性を証する書面が添付書類に含まれています。

具体的には、住民票の除票や、戸籍の附票がこれに当たります。

登記簿上の所有者の住所と、亡くなったかたの住所が一致すれは同じ人と特定されるということですね~。

 

しかし、住民票の除票は、亡くなってから5年間しか発行されませんし、戸籍の附票も発行されなくなっている場合も多いのです。

(戸籍の附票については、戸籍の様式が変わってから5年間とか、除籍謄本になってから5年です。)

 

この除票や、附票が発行されないということが多く、少し面倒になります。

 

住民票除票や戸籍附票が発行されないときどうするの?

保存期間の経過で発行されないときは、代わりに権利証を提出したり、

相続人の上申書を提出したり、不在籍・不在住証明や、保存期間経過のため発行できない証明書を提出したり様々です。

法務局によっても代替書類が変わるらしいので、法務局に問合せすることもあります。

 

上申書は相続人全員に実印で押印なので、すでに遺産分割協議書が終わって時間がたっていると、気後れしたりするんですよね。

ということで少し?面倒になりますが、司法書士に依頼すればスムーズに進めてくれますのでご安心を。

 

保存期間の伸長が望まれます

戸籍は保存期間が伸びたのですが、この住民票の除票や戸籍の附票については、延長されませんでした。

実務的にはとっても残念。。。

一般のかたも、司法書士も、法務局も助かるので、ぜひ保存期間延長してほしいところです。