夫婦間で自宅を贈与する場合の税金【配偶者控除】

夫婦間での自宅の贈与登記の依頼がときどきあります。

結婚して20年以上経った夫婦の自宅贈与に税金が2000万円控除される制度を利用します。

「夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除」で検索すると国税庁のホームページが出てくるので参考にどうぞ。

 

この制度を利用すれば、基礎控除と合わせて2110万円分の不動産贈与に贈与税がかかりません。

2000万円贈与したら通常700万円くらい贈与税がかかることを考えるとお得ですよね。

(計算結果は概算です。)

 

しかし・・・

必ずお得かというと、そういう話でもありません。

 

この制度を利用して自宅の贈与をしても、不動産取得税や、登記の登録免許税はかかります。

司法書士に依頼すると司法書士報酬もかかります。

すると100万円はかからないにしても、けっこうな金額になります。

 

相続税がかからないのであれば、配偶者の相続まで待ったほうが、費用は安く済むことも多いでしょう。

 

 

メリットは?

それでは、夫婦間の自宅贈与をするメリットはなんでしょう?

ひとつは、

相続の前に名義を変えてしまえることです。

将来の相続で問題が起こりそうなときなど、生前に贈与しておけば、相続財産とならないということがメリットとなります。

認知症になると売却など簡単にできなくなるので、認知症になる前に名義を奥様に変更しておくとか。しかし、贈与されたほうが認知症になる可能性もありますが。。。

二つ目は、

相続税が発生することが明白な場合に、相続財産を減らしておくこともメリットでしょう。

 

いまの正解と、将来の正解が違う

相続対策にしても、節税にしても、今最善だと思って対策しても、5年後経ってみると、状況が変わっていることもよくあります。

その都度考えていければいいのでしょうか、それも難しいかもしれません。

まずは一度しっかりシュミレーションして考えてみるといいですね。