会社の登記と相続 ~相続による役員変更登記は忘れがちです~

相続は会社の登記とも関係があります

相続の登記というと、不動産の名義変更が思い浮かびます。

ところで、相続は会社の登記にも関係してきます。

役員変更登記です。

取締役や、監査役などの役員が死亡した場合、役員変更登記をする必要があります。

 

相続と役員変更登記

意外とこの死亡による役員変更の登記は忘れがちです。

死亡により役員が減り、不足する場合は、新たに役員を選任する必要が出てくることもあります。

登記しないで放置しておくと過料が発生するので注意です。

この点、不動産の相続登記は放置していても、過料は発生しません。